<北方文化博物館>ハイブリッド型観光「にいがた旅むすび」プラン紹介

<北方文化博物館>ハイブリッド型観光「にいがた旅むすび」プラン紹介

北方文化博物館
【旅マエ+旅ナカプラン】非公開茶室「積翠庵(せきすいあん)」を旅マエ動画でさらに楽しむ特別プラン!~一般では見ることができない茶室を学芸員の解説付きでご案内します~

新潟市が提案する、オンライン×リアルを組み合わせた、ハイブリッド型の新しい観光スタイル「にいがた旅むすび」とは?
旅先での楽しみだけでなく、旅に行く前(旅マエ)と旅に行った後(旅アト)を組み合わせることによって、旅行の付加価値を高めた事例をご紹介いたします。

【旅マエ】旅行に行く前から、疑似体験!?

じゃらん遊び体験(https://www.jalan.net/kankou/spt_15104ae3292088614/activity/l00003753D/?ccnt=planList-in&screenId=OUW2210&dateUndecided=1)から該当するプランを予約すると、北方文化博物館から旅マエセットが自宅に届きます。
商品に同封される「旅のしおり」のQRコードから「北方文化博物館の見所、お得な情報が閲覧できる旅マエ動画」がご覧になれます。

伊藤家の歴史を地元のお酒やニンジンジュースを飲みながらお楽しみいただき、旅行前から期待はどんどん膨らみます!

<旅マエセット(予約後ご自宅へ発送)>
①旅のしおり

②「ニンジンジュース」または「大吟醸酒 大代」

ニンジンはこの沢海地域独特の人参の甘みをそのままジュースにしてあります。

「大吟醸酒 大代」の「大代」とは北方文化博物館の旧伊藤家が地主時代から所有している旧山北町にある山と清流がながれる沢の名前です。
旅の前に、地主伊藤家の家族になった気分になっていただければと思います。

【旅ナカ】事前学習で理解を深め、より濃密な見学を楽しむ

旅の当日は、普段立ち入ることができない大庭の一角にある、非公開の茶室「積翠庵(せきすいあん)」を学芸員がご案内します。

この茶室は江戸時代に京都で活躍した松村宗悦(まつむらそうえつ)」という人物が建てたものです。

茅葺屋根の狭い茶室です。それがなぜ伊藤家の庭園にあるのか、それを通して伊藤家とはどういう人物だったのかを特別にご紹介します。

写真を撮っていただいて結構ですし、ここからしか撮れない大庭のきれいな景色をご覧いただけます。

体験時に合言葉を仰っていただくことで、特典をプレゼントします。(手作り品です)

※雨天の場合、茶室ではなく、茶室とほぼ同じ場所にあり屋内の「上湯殿(かみゆどの)」という高僧専用のお風呂場をご覧いただき、その数寄屋造りから伊藤家と庭園についてお話させていただきます。

【旅アト】旅はまだまだ続く、、、

実際に旅に行って、もっと知りたい!また体験したい!と思ったら、ぜひ今度は家族や友人と一緒に楽しんでみよう!
また違った視点で魅力を知ることが出来るかもしれません。
ハイブリッド型観光は、旅アトもずっと旅行気分を高めてくれます。

【施設情報】

【概要】
北方文化博物館は、越後の大地主伊藤文吉氏の旧日本邸で明治15年から22年まで8年の歳月をかけて造られたもので、敷地8,800坪(29,100平方メートル)建坪1,200坪(3,967平方メートル)部屋数65の純日本式住居でその広大な施設は静寂な環境の中にある。
まわりには、土塁を築き塀を建て、濠をめぐらし、土蔵造りの門、総けやき造り唐破風の大玄関など、まさに「豪農の館」と呼ぶにふさわしい豪壮さを備えている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

【営業期間】
営業時間:【4月~11月】9時~17時
     【12月~3月】9時~16時30分
定休日:無休

【所在地】
〒950-0205 新潟県新潟市江南区沢海2丁目15-25

【交通アクセス】
(1)JR新潟駅から車で25分
(2)JR信越本線「新津駅」から車で10分
(3)日本海東北自動車道「新潟亀田IC」から車で15分

【問い合わせ】
TEL:025-385-2001

【予約はコチラ(じゃらん遊び体験)】
https://www.jalan.net/kankou/spt_15104ae3292088614/activity/l00003753D/?ccnt=planList-in&screenId=OUW2210&dateUndecided=1


※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブ様の登録商標です。

 一覧へ戻る

ページトップへ